大手業者に頼むデメリット

個別のニーズにきめ細かく対応してもらえないこともある

大手のホームページ代行制作会社に依頼をする場合には、中小規模の業者と比べてサービスの内容が画一化されており、個別のニーズにきめ細かく対応してもらえないというケースも少なくありません。特に、ホームページに掲載する文章や画像、動画などのコンテンツの種類や品質などにこだわりたい時には、満足のいくサービスが受けられないこともあり、じっくりと希望条件に合う会社を見極めることが肝心です。また、全国展開をしている顧客数が多い業者については、担当者とやり取りをするために時間が掛かることもあるため注意が必要です。なお、大手業者を初めて利用するにあたっては、新規の顧客を対象とした問い合わせ窓口がある業者を選ぶことが肝心です。

繁忙期はホームページ制作に長い期間が掛かることもある

繁忙期に大手のホームページ制作代行会社を利用する際は、顧客や担当者の人数によって、納期が長くなる傾向が見られます。そのため、すぐにホームページを完成させたい人は、様々な分野の経験豊かなスタッフが揃っているところや、年間を通して顧客数にあまり変化がないところを外注先に決めることがおすすめです。業者によってはホームページ制作に掛かる期間について、ネット上で顧客に向けに情報発信をしているところもあるため、本格的に業者選びをするにあたり早いうちに必要な情報を集めておきましょう。その他、ホームページ制作の期間を少しでも短縮するうえで、特別料金を払うことにより、優先的に作業に取り掛かってくれるサービスがある業者を探すのも良いでしょう。